FC2ブログ
目指せ!地平線の彼方まで…!
不等間隔な気まぐれ日記 アメリカで生活を始めて4年が経ちました。
プロフィール

ダブルターボ

Author:ダブルターボ
1975年4月18日生まれ。
2004年アメリカンドリームを掴みに本土上陸!そして2007年本土から少し離れた島で生活を始めました。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

クッククロック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丑年
遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。

年末年始は入院なんてしてしまいました。
人生で初です。

31日、夫も休みだったので朝から大忙し。
12月いっぱいでマッサージの仕事を辞めるため挨拶できなかった人にも
挨拶をするためにも夫のヘアカット、私のネイル(勉強のため)
そして差し入れがてら朝一でspaに。
午前中に用は終わったので午後からはショッピング。
そして帰ってからは夫は御節作り(31日がオフだったので作ってくれることに!)
私は大掃除。
今年は実家から母が御節の材料などを送ってくれていたので
夫も作り甲斐があったはず。
そして夜中になったら友人宅で花火を見る予定でその後日系神社にお参りに行く
予定もたててました。
でも夜の9時になったら急に吐き気と腹痛が。
何回もトイレに行き腹痛も激しくなり嘔吐も。
これはただ事ではないと病院に行く事に。でも歩けないほどお腹が痛い。
やっとの思いで家を出てエレベーターに乗り車へ。
いつもの検診の病院が出産する病院なので車で10分ほどの病院へ。
救急の入り口から入ると担当のお兄さんが「車椅子いるか?」と。
いると答え夫はパーキングのため車に戻り私はお兄さんに連れられ3階の救急へ。
しかし3階についても受付で名前とドクターの名前を聞かれるだけ。
寒かったのでブランケットをかけてもらい車椅子でじっと待つ。
夫も来ないし、誰にも対応してもらえずお腹は痛いまま・・・
やっと夫が来てナースが来て処置室へ。
お腹に機器をつけると陣痛も始まってるらしい。ナースは「今日生まれるね!
あっ!2009年1月1日生まれよ!」なんて言ってるけど
私は心の準備も何も出来てないし!夫もパニックってる。
でもお腹の痛さが尋常じゃない。
ドクターと連絡を取ったみたいでまだ早すぎると。
ただ単にドクターが31日に病院に来たくなかっただけな気もするけど・・・。
なので私は入院室に移動させられあっという間に年が明けてました~。
夫と病院の人達とhappynewyearを交わし夜中中ずっと検査・・・。
何時間ごとに起こされ点滴、超音波、そして盲腸かもしれないからCTスキャン、
朝の7時になると他の病院の外科の先生が来て
「盲腸だったらもっと痛いよ~炎症起こしてるよ。抗生物質点滴で打ちましょう」と。
この外科の先生はイタリア系だったけど来る度にオシャレでした。
靴とベルトをいつも合わせていた。
9時になるといつもお願いしてる産婦人科のドクターも来て
「原因はわからない!多分お産と関係ない!」と言って帰って行った。
夫は朝から仕事だったので、私も特に問題なかったので夫は仕事へ。
友達が来てくれました。
1日はず~っと病院。友達と話したりTV見たり。
しかしご飯が食べられず。何かあったら手術をしなくてはいけないため
胃を空にしておく必要があると。
夕方になると早く帰ってこれた夫も加わり、夜になり夫が友達を送っていきました。
その帰りに家から私の欲しいものを取ってきてくれ、夫も私の横の簡易ベッドで
寝泊りする事に。
夜中もずっとナースが来て点滴を変えたり、陣痛のチェックbabyの心音チェック。
お腹の痛みはまだあったのでトイレに行くのもひと苦労だったけれど
病院が女性と子供のための総合病院だったので何かと行き届いていて
精神的にラクでした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nanasuke418.blog28.fc2.com/tb.php/384-db55149b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。