目指せ!地平線の彼方まで…!
不等間隔な気まぐれ日記 アメリカで生活を始めて4年が経ちました。
プロフィール

ダブルターボ

Author:ダブルターボ
1975年4月18日生まれ。
2004年アメリカンドリームを掴みに本土上陸!そして2007年本土から少し離れた島で生活を始めました。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

クッククロック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産まれた~!!
すごく嬉しいニュース。
夫の弟夫婦に赤ちゃん誕生!!
babygirl!!

余りにも嬉しくてコンピューターの前でメールを見ながら
「産まれたー!!」と叫んでしまった。

早く会いたいな~。
今から心待ちにしています。

スポンサーサイト
やっと終わった~!!
本日州のエステティックのライセンスのテストがありました。
朝7時45分からしかも遠く離れたところで。
仕事の夫が送ってくれると言ってたのですが、せっかくなら終わった後
いろいろ寄りたいところもあるしと思って友達とバスでフリーウェイに乗って30分。
朝6時に家を出たら真っ暗でした。
家からバス停まで歩く途中、遠いところからわざわざタウンに働きに来ている人を
横目にテストはまだ終わってないのになんだか自分を褒めてあげたくなりました・・・。
仕事をしながら学校に通いよく頑張ったな~と・・・。
そして会場に着いて、試験管の人も私のお腹をみてびっくり。
テストが始まる前にわざわざ来てくれて「具合が悪くなったら場所を変えてもいいから」
と私の前の席を指差したけど今の席と大して変わらなかった・・・。
本来は2時間半のテストだったけど前にマッサージのテストも受けたので
今回はリラックスして出来て1時間で終了。
結果は10日以内。
まぁもうどうにでもなれ!と言った感じでとにかくこの日が無事に来て
終わって良かった。
年末年始の入院でもう諦めようと思っていたのでとにかく終わったことが嬉しい。

終わった後は友達とオイルを売ってる店をまわったりパンケーキを食べたり。
お互い肩がコリコリだったのでスクールに戻りマッサージ付フェイシャルのしあいっこ。
グーグー寝てしまった。


達成感
昨日は夕方頃から頭がいたいと言い出した夫。
退院してから家事はほとんど夫がしていたので久々の家事。
お腹空いてないといってベッドに行ったりソファーで寝転ぶ夫。
私がお腹がすいてしまい、味噌煮込みうどんを作りました。
出来たら、お腹が空いたといって座って待つ夫。
お腹すいてないと言っていたのに完食し、私がデザートに作ってみた
オレンジ寒天も食べてた。
食べ終わったと同時にベッドに行き横になり本を読んでたかと思うと
もうすでに寝てた。10時過ぎに!!
ゴルフのし過ぎだよと思ったけれど何も言わず。

朝も10時ごろまで寝ていて起きたら頭痛は無くなっていたそうで、良かった。
昨日パン屋さんで買ったパンを3つも食べフルーツも食べ元気に12時ごろ
仕事に行きました。
私は臨月の妊婦で身体がいうことをきかないし、夫はただの頭痛だったけど
私たち大丈夫かと昨日の夜は少し不安でした。
やはり健康は大事だと実感。

そして今日も勉強から逃れるために、昼過ぎから銀行、郵便局、家のrentの支払いの
ためチェックを管理会社に行って渡し、その後近所のスーパーにフルーツを買いに。
これだけでかなりの達成感。

歩いてる最中に見知らぬ人から「Twins!!」と大きい声で言われた。
周りからも大きい大きいと言われるのでこの前はドクターに
双子じゃないですよね?と聞いてしまった。
ドクターも夫も笑ってたけど、お腹が本当に大きい。
この前の超音波技師は生まれる頃は8か9パウンドかもよって言ってた。
4000グラム!!
体重管理に気をつけなくては。。。

どこにも行かないバケーション
本日月曜から土曜まで仕事休みです。
2月の1週で退職するのでそれまでに有休を使うことに。
なので今週金曜日控えてる州のエステティシャンのテスト勉強用にと
休みを使うことに。
でもはっきりいって家にいてもほかの事に目がいってぜんぜん勉強できていない。
もう落ちてもしょうがないかとかなり投げやり。
夫の視線だけが痛い。

せっかく月曜から休みなのに夫の恒例ゴルフが朝からあるため
朝5時からゴソゴソ起き出す夫。
買っておいたシリアルバーを持ってゴルフへ。
途中何度か雨が降り家の中であーあーと思っていると昼ごろ夫から電話。
ゴルフ仲間の人達とランチするから一緒に行こうと。
そして焼肉へ。
皆さん違う店で働く職人さんなので面白い話もあり食事も楽しく過ごせました。
そしてその後はずっと行きたかったパン屋さんへ。
意外に近くにあり思う存分買ってきました。
やはり日系パン屋さんは美味しいな~~。

先日
前まで一緒に働いていた子に赤ちゃんが生まれたので我が家に遊びにきてくれました。
10月に生まれてもう4ヶ月近く。
3400グラムで生まれて今もすくすく育っているようで何よりです。
オムツももらったものがはいりきらなくなったのでと
たくさんいただきました。
偶然同じ病院、同じドクターだったのでいろいろ話を聞くことが出来て
安心したり不安になったり。
旦那さんも赤ちゃんの面倒をよく見てくれてるようで本当に幸せそうな家族3人を
見ることが出来て良かった。

仕事場ではまだオバマオバマと騒がれていますが
聞くところによるとオバマさん、丑年らしい。
わが子も丑年、あやかってミドルネームはオバマにしなさいなんて
周りに言われて困惑気味。

最後の遠出
妊娠生活も残りあと1ヶ月を切り、今のうちの遠いところにでも行っておこうかと
夫とこの島の北へ車を走らせました。
去年のうちはまだ元気で年末年始に起こることなど予想していなかったので
1月の私の誕生日ごろに本土のほうへ遊びに行こうかとか
ネイバーアイランドへ行こうかとかいろいろ考えていたのにも関わらず
最近になったら無理をするとすぐにお腹が張るし旅行など考えられない状態・・・
なので車で40分ほどの小さな町へ。

そこに行くのはなんと1年ぶり。前回は義弟夫婦が遊びに来てくれたとき以来!!
前回はパイナップル農園などに行きました。

そして今回、一番の行きたかった場所はパワースポット。
ここは昔王族が出産した土地。
昔は一般人は立ち入る事が出来ず立ち入ってしまった者は処罰されたそう。
そして今は神秘の場所として安産を祈願する人や婦人病を抱える人達が
お参りのように来る場所となっているそう。
場所は私たちの住むところから車で40分ほど、最初場所が分かりにくいかなと
思ったら意外にわかりました。
手前の赤土に車を止め歩いて神聖な場所へ。
近くの道路で工事をしているにも関わらずそこだけすごく静かで驚きました。
この前で車を止め、注意書きを読み
PICT4979.jpg
草が刈られた赤土を更に進むと石と木が現れます。この石の上に布を敷いて
出産が行われたそう。
PICT4977.jpg
木と石の周りはこんな草原地帯になっています。
でも木のバッグには山が見えてそれだけで重々しい雰囲気。
PICT4978.jpg
実際に石の上に座ったりしてマナを感じるそう。
調べたところによると、ここに入る前にまず自己紹介そしてここに来た理由などを述べるそう。
そして最後に感謝の気持ちも忘れずに。
夫も興味深く石を見たりいつになくまじめな様子。

そして次はまたこんな道を走らせ北へ
PICT4983.jpg
次に行きたかったのはこの島で取れるものを使ってオーガニックの石鹸、オイルなどを作っている工場。
PICT4984.jpg
PICT4985.jpg
中に入るとお兄さんが一生懸命作っています。
もうこの時点で売り物よりお兄さんの作業に釘付けの夫。夫が写真をとりまくり。
私が品物を見たり買い物を結構長い間していたにも関わらず、ずーっと見ていました。
PICT4987.jpg
PICT4990.jpg
出来上がった石鹸たち。プルメリア、ピカケ、ラベンダーなどなど沢山あります。
PICT4988.jpg
PICT4993.jpg
PICT4994.jpg
子供にも使える石鹸なので私も品物に興味津々、日本からのツアーの場所にもなっているようで
団体さんもいました。夫があまりにも石鹸作りの前で立ち尽くしているせいかラフな格好を
しているせいか、ツーリストの人に店の人と間違えられ声をかけられていました。

私も夫も満足満足。そして次はお腹がすいたのでランチ。
この町でシーフードが食べられると有名なレストラン。残念ながらランチタイムだったので
ハンバーガーやステーキしか無く、夫はオリジナルハンバーガー、私は白身魚のサンドイッチ。
PICT5003.jpg
そしてこのほかにもサラダ、スープを頼んだにも関わらず、甘いものが食べたくて
こんなものまで。
PICT5004.jpg
周りの人がこれを見て「何なの?」と聞いてくるほどボリュームがあった。
でも二人でほとんど完食。
パラダイスパイと言って、コナコーヒーのアイスクリームにチョコレートをかけ生クリームとナッツが
周りにありました。

私が計画していたのはここまで。
順調に計画が進み、この後は夫が行きたいとこに行っていいよ~と。
車にあった地図を見て夫が向かったところは渓谷。自然公園のようなところ。
そこではこんな鳥が!
PICT5005.jpg
中に入って地図を頼りに進んで最後に滝を見られるのですが結構歩いたり坂があったので
私は断念。夫は行きたそうにしていましたが結局二人で断念。
次回に期待!!
PICT5009.jpg
でもはしゃぐ夫。これを見た周りの人が「Great picture!」と。
PICT5015.jpg

この時点でもう4時近くになっていてそろそろ疲れたので帰ろうかと帰路へ。
帰りはいつもの渋滞に少し巻き込まれ50分程で我が家に到着。

久々だったし、前日に少しだけ調べていたしで二人とも楽しめてよかったよかった。
また行けたらいいな~。

大統領就任
もう何日か経ってしまいましたが、新しい大統領が就任しました。
この島出身なので何かと沸いています。
全米どこでもそうだったと思いますが、仕事場でもブレイクルームで
就任式の放送をみんなで釘付けになって見ているし
車にアメリカンフラッグをつけていたり。
年末はこの島に来ていたのでどこそこで見たとかそういう話で
盛り上がっていました。
そして、大統領が生まれた病院と言うのが
来月産まれる予定のわが子と同じ。
と言うかこの島で出産できる病院と言うのが3つ位しか無いだけなのだけど。
中でも子供や女性に対しての設備が整っているのがその病院のため
ほとんどの人がその病院を使っているのではないかと思われます。
まぁでも夫は大喜びで、先輩だな~なんて言ってます。
大統領が変わることでアメリカが良い方向に向かっていけばいいなと思います。

ストレッチマーク
妊婦生活も残り1ヶ月になりました。
妊娠がわかりお腹が出始める頃から毎日オイルやらクリームやらを
塗り塗りしていたおかげでストレッチマーク(妊娠線)はまだ出ていません。
最初、アメリカではポピュラーなpalmerのクリームを使って、
ココアバターの匂いが気持ち悪かったのですが
vitaminEが入っていて保湿力があったのでリピート買い。
けれど、毎日たっぷりつけていたので無くなってしまい、クラランスのオイルを
いただいたので、それをつけたりしていました。
そして先日、友人からオイルセットを頂きました。
そのオイル、こちらでも見ることはあるのですが、頂いたものは
ミニサイズで缶に入っていろいろな種類のセット!!
妊娠当初、そのストレッチマーク用のオイルを探していて無かったので
前の街に住む友人が来る時に買ってきてもらおうと思ったら
なんと売っていないと!!
やはり日本は何でもあるな~と実感しました。
本当感謝です。どうもありがとう!!
これを塗り最後のラストスパート頑張りま~す!
職場の人に最後の1週間で出た!と言われたので気をつけなくては・・・。


父と電話
先日、やっと実家の姉とコンピューターを使って電話をしました。
前の街に住んでいた時は家に電話をひいていたので電話で実家の
母と連絡を取り合ったりしていましたが
この島に越してきてからはTVもインターネットもケーブルなので
電話をひく必要も無くコンピューターから実家に電話をしていました。
けれどやっと姉が設定してくれてコンピューター同士で話せるように。
ちょうど休みだった父と久々の会話。
嬉しそうに話しかけてくる父が私の予定日も知らなかった・・・。
「いつ産まれるんだよー」って言ってました。
そばで聞いていた夫もビックリ。
しかも男の子だということも!!
「へぇー男の子なのー良かったじゃん」って・・・。
「だって誰も教えてくれないもん」て言ってましたけど・・・。
可愛そうな父・・・。
まぁ少し面白かったけど。



夫の趣味
私の体調が悪くて恒例の週1回のゴルフに行けてなかった夫ですが
本日やっと再開。
毎月曜は朝5時に起きてゴルフ場に行き会社の人と一緒にまわっています。
会社のスケジュールも午後出勤にして朝は思い切りゴルフをしているようです。
かと思えば今度は休みを月曜にしてみたり。
ゴルフ前日は早々とクラブセットを車に乗せ12時までには就寝、
ゴルフの後に仕事に行く時は、帰って来てクラブを磨きシャワーを浴び
仕事に行きます。
夫のゴルフ狂いは私の友達も知っていてクリスマスにはゴルフメーカーの
キャップをプレゼントしてくれました。
かぶれば良いのにもったいなくてかぶれないのか、今日も顔を真っ赤にして
日焼けして帰って来ました。

仕事が終わって家に帰ってこれば、寝る前に読書。
この前までは日系移民の話「ワイルドソウル」を読んでいました。
最近趣味が増えた夫です。

楽しそうで何より。

そう言えばこの前・・・
初めて家の鍵を無くしました・・・

その日は朝、学校に行く前に我が家のコンドの3階にあるmailboxに寄り
学校の後友達とちょっと出かけて帰ってきたのが夕方5時くらい。
鍵がないことに気づいたのだけどちょうど同じコンドに住む人が表の入り口から入ったので
一緒に入り、とりえあえず3階へ。エレベーターの前にソファーがあるので
そこでバッグの中身を出して途方にくれてました。
友達に電話をするといつでも来ていいよと言ってくれたのですが
夫が帰って来るのが10時くらい。後5時間、どうしたらいいものかと考えてました。
3階には管理人室もあるのでそこを覗くと5時で帰ってしまったらしい。
けれど24時間セキュリティーはいるのでとりあえずその番号に電話すると
3階にすぐに来てくれました。
このコンドのポリシーでセキュリティーのためそれぞれの部屋の鍵は
持たない事になっていると言われ、どうしても今家に入りたいなら
ここに電話すればいいと鍵屋さんの番号を渡されました。
65ドルで鍵を開けてくれるよと。
もう疲れたしここにお願いしようかなーと諦めかけてる時に「はっ」と、今朝3階の
mailboxに寄ったことを思い出し、鍵の落し物なかったかと聞くと
管理人に問い合わせてくれました。
そうしたらなんと管理人室にあるとセキュリティーに言われ
鍵を手にすることが出来ました!!
なんとmailboxにさしっぱなしだったらしい・・・。
mailboxには部屋番号が書かれているので気をつけなさいよ~と言われ
お礼を言い、やっと我が家に入ることができましたー。
もう本当、鍵が無かった時は自分が情けなくてしょうがなかった。

帰ってきた夫にそのことを話すと「気をつけなさいよ~俺がやったら
相当文句言われてるよ。」と言っていました。
その通り!!

はぁ~でも良かった良かった。気をつけなくては。


!!祝!!禁煙1年達成!!
夫の禁煙が始まり1年以上経過しました。
多分、前からタバコをやめたいと思っていたと思うのだけど
一昨年に身体のチェックアップをしたときにドクターからタバコ止めたいかと
聞かれ、良い薬があるからと言われ試したのがきっかけで
それ以来薬の効果か吸っていません。
長い間吸っていたので止めるのは辛かったと思うけど
よく頑張ったと思います。
これから先も頑張ってね~!!

またしても不景気!?
2週間休んでいた仕事に昨日から復帰。
行った早々、マネージャーに呼び出され今後の事そして去年の査定、
そしてイベントもあったので少し忙しかったけれど
そんな中、カウンターにマネージャーあてに電話が。
「クリスマスギフトが届いたって~!」と喜ぶマネージャー。
私の働くカウンターでは毎年クリスマスプレゼントが本社から届くのですが
いつも年明け。
一昨年はティファニーの指輪、そして去年はメイクアップボックス。
マネージャーも駆け足でオフィスに戻っていったのに帰ってきたら
全然嬉しくなさそう。
「中身確認して」とぶっきらぼうに言われ見てみると
会社名が書かれたプラスティックの時計、そしてまたも社名入りのアクセサリーケース。
昔やっていた、進研ゼミの付録みたいな感じだった。
なんだかおかしくて笑ってしまった。
一緒に働いてる人が「何だった~?」と嬉しそうに聞いてきたりしてそれもおかしかった。
マネージャーは「ないよりましよ、来年は無いかもね」と言ってたけど
あっても使わなければどうしたらよいのだろう。
「時計どうするの?」とマネージャーに聞かれたので「夫にあげる、みんなは次回から
イベントの時に着ければいいんじゃない?」と言ったら
「良い提案ね!あなたは辞めるものね~」と言っていた。
私は出産に備え、来月で辞める事を話してあったので。

家に帰って夫にあげると、嬉しそうな顔。
「えっ、じゃぁこれもらっていいの?」と言ってた。それもまたおかしくて
夫は本当に面白いもので喜びます。
その時計も缶に入っていたので「缶の方が高そうだな」と言ってたけど。

そんな感じで、年々不景気になっていくのを感じる今日この頃。

御節
退院してやっと家で過ごすことが出来るようになったけどお腹はまだ痛くて
夫の御節も少しづつしか食べられなかった。
いろんな種類を作ってくれたけど写真を撮ったのはこれだけ・・・。
PICT4953.jpgPICT4954.jpgPICT4955.jpg
美味しかった~~。

そしてその後3日ほどすると痛みも消え、ドクターが会社に報告してくれたので
2週間休む事が出来、その間も夫が私の食事をせっせと作って冷蔵したり冷凍したり。
本当にありがたいです。
年末は体重がどんどん増えていた私ですがstopしかなり健康になりました。
夫も出産後も俺が作るよと言ってくれるので今は本当にラクです。
どうしてもっと早く気づかなかったんだろう。
なので今私は掃除くらいしかしません。
本当に夫に感謝です。
夫婦円満!!

1/2/2009
2日目・・・

お腹の痛みもだいぶ良くなったので夫には仕事に行ってもらい
また友達が来てくれました。
1人部屋だし完全看護だったので大丈夫だったけれど友達がいてくれて
気も紛れました。ありがたい。
外科の先生が来て「手術の必要ないね、本当は今日退院していいけど
君は妊婦だからもう1日様子を見よう」と。
やっと食事をしてもいいことになった!
看護婦さんが「お腹すいたでしょう~」と持ってきたものは・・・。
PICT4943.jpg
紅茶(しかもカフェイン入り)、ジュース、チキンブロス、ゼリー。
夫もその場にいたのだけど、私はそれを見て複雑な顔をしていたらしい。
31日の夜から何も食べていないのに2日の朝がこれとは寂しすぎる・・・。
複雑な顔もしてしまう。

そして昼、またしても同じものが出た。
運んできてくれる人はキッチンの人なので何も聞けず。
看護婦さんが来たので「朝と同じ?これだけ?」と聞くと
「違う違う!これから持ってくるからね!」と持ってきてくれました。
PICT4946.jpg
う~ん、久々に固形物食べたけど美味しくない。
カフェテリアでランチしてきた友人は「ここの美味しいよ!」と言うので夕飯に期待して
夕食はオーダー方式。
そしてこれ、さすがアメリカ。
PICT4948.jpg
私はあまりオーダーしなかったけど、看護婦さんに話をしに部屋を出て帰ってくるときに
部屋を間違えてしまったバカな私が間違えてしまった部屋で見た
夫婦の夕食はえらくテーブルが盛り上がってた。
普通はかなりオーダーするらしい。

2日目も夫が帰って来て友達を見送りまた部屋で寝泊り。

そして3日目、最後に超音波を取るため朝早くから食事。
PICT4949.jpg
最後にいろいろオーダーしてみました。
夫は寝てたけれど、私だけ食事をすませ超音波へ。
問題なかったので退院。
もともと、出産、回復をするための病室で、お世話になった看護婦さんたちは
「また1ヵ月後待ってるね~!その時会おうね!」と明るかった。
しかも私が間違えて入った部屋の夫婦には昨日のうちに女の子が生まれたらしい。
私たちが笑ってTVを見てるときに産声が聞こえて、その後に看護婦さんがきたので
聞いたら生まれたらしい!
その2時間前にはあんなてんこもりの夕飯食べてたのに!!

そんなこんなで正月3日が過ぎました。
後で聞いたら、病院に着いた時パーキングをして救急に戻ろうとしていた夫は
パニックでドクターが診察する11階に行ってしまって閉まっていたので
何ヶ月か前に病院ツアーに参加したことを思い出し、3階に来たのだけど
見つけられなかったのでまた1階に戻り、車椅子を押してくれたお兄さんに聞き
やっと3階にたどりついたらしい。どうりで遅かったわけだ。
しかし今回のことで次何かあったら大丈夫だろうと思います。


丑年
遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。

年末年始は入院なんてしてしまいました。
人生で初です。

31日、夫も休みだったので朝から大忙し。
12月いっぱいでマッサージの仕事を辞めるため挨拶できなかった人にも
挨拶をするためにも夫のヘアカット、私のネイル(勉強のため)
そして差し入れがてら朝一でspaに。
午前中に用は終わったので午後からはショッピング。
そして帰ってからは夫は御節作り(31日がオフだったので作ってくれることに!)
私は大掃除。
今年は実家から母が御節の材料などを送ってくれていたので
夫も作り甲斐があったはず。
そして夜中になったら友人宅で花火を見る予定でその後日系神社にお参りに行く
予定もたててました。
でも夜の9時になったら急に吐き気と腹痛が。
何回もトイレに行き腹痛も激しくなり嘔吐も。
これはただ事ではないと病院に行く事に。でも歩けないほどお腹が痛い。
やっとの思いで家を出てエレベーターに乗り車へ。
いつもの検診の病院が出産する病院なので車で10分ほどの病院へ。
救急の入り口から入ると担当のお兄さんが「車椅子いるか?」と。
いると答え夫はパーキングのため車に戻り私はお兄さんに連れられ3階の救急へ。
しかし3階についても受付で名前とドクターの名前を聞かれるだけ。
寒かったのでブランケットをかけてもらい車椅子でじっと待つ。
夫も来ないし、誰にも対応してもらえずお腹は痛いまま・・・
やっと夫が来てナースが来て処置室へ。
お腹に機器をつけると陣痛も始まってるらしい。ナースは「今日生まれるね!
あっ!2009年1月1日生まれよ!」なんて言ってるけど
私は心の準備も何も出来てないし!夫もパニックってる。
でもお腹の痛さが尋常じゃない。
ドクターと連絡を取ったみたいでまだ早すぎると。
ただ単にドクターが31日に病院に来たくなかっただけな気もするけど・・・。
なので私は入院室に移動させられあっという間に年が明けてました~。
夫と病院の人達とhappynewyearを交わし夜中中ずっと検査・・・。
何時間ごとに起こされ点滴、超音波、そして盲腸かもしれないからCTスキャン、
朝の7時になると他の病院の外科の先生が来て
「盲腸だったらもっと痛いよ~炎症起こしてるよ。抗生物質点滴で打ちましょう」と。
この外科の先生はイタリア系だったけど来る度にオシャレでした。
靴とベルトをいつも合わせていた。
9時になるといつもお願いしてる産婦人科のドクターも来て
「原因はわからない!多分お産と関係ない!」と言って帰って行った。
夫は朝から仕事だったので、私も特に問題なかったので夫は仕事へ。
友達が来てくれました。
1日はず~っと病院。友達と話したりTV見たり。
しかしご飯が食べられず。何かあったら手術をしなくてはいけないため
胃を空にしておく必要があると。
夕方になると早く帰ってこれた夫も加わり、夜になり夫が友達を送っていきました。
その帰りに家から私の欲しいものを取ってきてくれ、夫も私の横の簡易ベッドで
寝泊りする事に。
夜中もずっとナースが来て点滴を変えたり、陣痛のチェックbabyの心音チェック。
お腹の痛みはまだあったのでトイレに行くのもひと苦労だったけれど
病院が女性と子供のための総合病院だったので何かと行き届いていて
精神的にラクでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。